1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
27
28
29
30
31
  01 ,2012

鮫肌狂子オフィシャルブログ


プロフィール

鮫肌狂子

Author:鮫肌狂子
BOØWYコピーの鮫肌狂子です。

BOØWY Session
鮫肌狂子 YouTube チャンネル

Twitter
facebook

新作動画
◆ 新作動画






検索フォーム
Google Adsense
Amazon
鮫肌は楽譜やCD DVD を買うときはいつも Amazon


鮫カウンター

鮫肌狂子は名前を Kyoko. と改名し、音楽活動を続けています。
ぜひ下記のサイトをチェックしてくださいね!


2016年6月26日(日) の BOØWY Session with 鮫肌狂子 Returns を最後に、鮫肌狂子という名前での活動を卒業します。
今後は Kyoko. という名前で活動を続けていきます。
応援よろしくお願いします。


Kyoko. 公式ウェブサイト: http://kyokoguitar.com/
Kyoko. のブログ Tangerine Cloud
Kyoko. facebook: https://www.facebook.com/kyoko.guitar/
Kyoko. Twitter: @Kyokoguitar
Kyoko. YouTube: https://www.youtube.com/c/Kyokoguitar


--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鮫肌狂子は現在 Kyoko. と名前を変えて活動しています。
詳しくは Kyoko. 公式ウェブサイト http://kyokogouitar.com で!

03

Category: 日常

Tags: ---

Comment: 12  Trackback: 0

新年のご挨拶 in 2012
鮫肌狂子です。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


いろんなことがあった2011年。
本当にいろんなことがあった。

すべての日本人が生きるということの意味を再確認させられた重要な年だったと言っても過言ではないでしょう。

一日一日を大事に、悔いのないように過ごすことの大事さ、そして家族や友達、先輩、後輩・・・いろんな方との「絆」を深く感じた年でした。


今年も、その気持ちを決して忘れることなくそれぞれの目標に向かって進んでいきたいですね!

がんばろう!みんな!


鮫肌は今年もギターがんばります。

2009年に全てを無くした私を、暗い闇から救い出してくれたのもギターだった。

ギターは、みんなと私を繋ぐ絆。

ギターがなければ、今の私は存在しない。

これまでずっと応援してくれて、時には厳しい意見も言ってくれる友にも報いたい。

最高の演奏をできる自分になれるように、日々努力をしていきたいと思います。



2012年も引き続き動画をアップしていきたいとは思いますが、今年は創作活動とライブに軸足をシフトしたいと思っています。


どんだけできるのか、自分でもなんとも分からないけれど、やっぱり自分の音楽っていうのをやっていきたいから。

もしかしたら、鮫肌の音楽は今まで聴いてきてくださってた皆さんからしたら、つまらないものになってしまうかもしれない。
全然ダメなものをたくさん作ってしまうのかもしれない。

けど、そういう失敗の繰り返しで人は成長するものだし、なにより「これが鮫肌です!」っていうの、やっぱり言いたいんですよ。
「布袋さんの曲弾かせてもらいました」じゃなくて、鮫肌です!ってね。



というわけで、今年は自己の練習と作曲と、メンバー募ったりと・・・

つべこべいわずにがんばろうと思います!

今年もよろしくお願いします。 鮫肌狂子は現在 Kyoko. と名前を変えて活動しています。
詳しくは Kyoko. 公式ウェブサイト http://kyokogouitar.com で!

テーマ : 日記    ジャンル : 日記

15

Category: ギター練習部屋 @samekyo

Tags: ---

 

【第2回】指1本で押さえて弾ける楽しげな曲
ずいぶん間が空いてしまいましたが、ギター練習部屋ということで第2回目。

ギターを買ってきたものの、なんも弾けないよ~(TOT)
というあなたにお薦めの練習です。

これは難しいこと抜きに、弦を押さえる指は1本だけ。
けれど、ギターをかき鳴らす楽しみは味わえるという、楽しい練習です。

ギターを初めて触るみなさんにとっては、何本も指を使って押さえるコードとか、速弾きとか、できるわけございません。
できないことにチャレンジしすぎて挫折・・・なんてことになったら悲しいです。
ギターも悲しみます。

できることからすこしずつ。

がんばっていきましょう!

さて、その練習内容ですけれど、下のような楽譜です(クリックすると拡大します)
音にしたものも紹介してますので、楽譜が読めない方はそちらを鳴らしてみてね。

yubi1pon.png

音にしたものはこちら↓から聴くことができます。



なんか弾けたら楽しそうでしょ?


でもこれ、内容はとっても単純です。

最初、2と書かれた小節には、5弦の0、4弦の2と記されていますが、0は開放弦を意味しているのでなにも抑えなくて良いです。
押さえるのは4弦の2フレット目。人差し指一本で押さえれば良いです。
で、この状態で、5弦と4弦を弾きます。

そのあと、4小節目で弦の位置が変わりますね。でもやっぱり押さえるのは3弦の2フレットだけです。
また、6小節目でも同じように押さえるのは5弦の2フレット目。

これをリズミカルに弾く練習です。
なれないうちは、弦を弾くとき上から下へピックを振り下ろす、いわゆるダウンピッキングだけで良いです。

最初は難しいと思います。特に右手が思うように動かないと思います。
初心者にありがちなのは、腕全体を振って弾いてしまい、手首がガチガチになっていることです。

ギターは手首を柔らかくしてスナップをきかせて弾くのが大事。
力が入ってガチガチになっていると、思った通りの弦を弾けないしリズミカルに弾けません。
そのコツを掴むまでは苦労しますけれど、ずっと弾いているうちに必ずコツがわかってきます。

いろんなギターの先生方がピッキングについてはご説明されているので先生方のをぜひ参考にして欲しいです。


ギターは右手(弦を弾く腕)が大事。

もちろん左手(弦を押さえる腕)も大事だけれど、結局は右手で音に感情を乗っけるわけで、粒の揃ったピッキングをしなければいけない時もあれば、感情豊かに強弱おりまぜて弾いたりもしなけれななりません。

そういった意味で弦を弾く腕を研ぎ澄ますのはギタリストの永遠のテーマだったりするなぁと思います。
私もちゃんと弾けてるか?って言われると実は弾けてないかもしれない・・・って思うくらい奥が深い。
でもそれがまた逆に面白かったりするんですよね。

さて、いろいろ書いてみましたが、簡単すぎたかな?(^^;
まぁ、でも最初に書いたように難しすぎることにいきなりチャレンジして挫折するよりも、ギター楽しみながら練習して上手くなるのが良いと思います!
また機会があったらこういう楽しい練習方法を書こうと思います。

【 追記 】
この練習、音を鳴らす弦は2本ずつです。鳴らさなくて良い弦はミュートして余計な音を鳴らさないようにするのも大事です。
ミュートとは、左手で弦に軽く触れて音が鳴らないようにすることです。
この譜面では6弦5弦をミュートするときは親指で、その他の弦は人差し指で軽く触れておくことでミュートします。
この練習に慣れてきたらミュートにも挑戦してくださいね。

鮫肌狂子は現在 Kyoko. と名前を変えて活動しています。
詳しくは Kyoko. 公式ウェブサイト http://kyokogouitar.com で!

テーマ : エレキギター    ジャンル : 音楽

26

Category: ギター練習部屋 @samekyo

Tags: ---

 

【第3回】 第2回の復習
【第2回】指1本で押さえて弾ける楽しげな曲 から10日。

「なんだよ、あれくらいなら簡単に弾けるさ!」

という声が沢山聞こえてきそうでしたが・・・

とりあえず楽しく練習できましたか?(^^;


さて、今回の第3回目は、第2回の復習です。

弾けたぜーっていうみなさんも、念のためチェーックしてくださいね。

指1本で押さえて弾ける楽しげな曲。これはなにを隠そう右手(弦を弾く方の手)のスムーズさを鍛える練習なのでございます。

初めてギターを触る方は、弦を2本いっぺんに弾かなくちゃいけないしぃ、ましてその他の弦にはふれちゃならんのでしょぉ?(ToT)

・・・って思っちゃったかもですね。


実は弾ける人はそのへんは、あんまり気にしてないことだったりします。
もちろん、ギターソロなんかで弦1本1本を正確に弾く必要のあるときもありますが、あの譜面で言えば、2本だけ、他の弦には触れずに弾く・・・なんて考えずに、右手はとにかくリズムよく振り下ろす。
鳴らしちゃいけない弦は左手(弦を押さえる手)で軽く触れて弾いても音が出ないようにして弾く。
そうすることでリラックスしてスムーズに弾けますよ。

えぇと・・・鮫肌の演奏、決してうまい!ってわけではないですが、参考までに・・・




◯ チェックポイント
右手はリラックスできて、手首のスナップで弾けてるかな?

テンポに合わせて弾けてる? 左手の移動のときに間が開いたりしてない?



さて、さっきの例では音にあまり強弱を付けずに弾きましたけれど、たとえばアクセントをつけるとまた違った印象になります。
こういう強弱を付けられるようになるとまた面白いですよ。




さらに、ブリッジミュートといって、右手の手刀のところをギターのブリッジ付近にくっつけたまま弾く奏法があるんですが、それで弾いてみた例。
これもまた雰囲気があります。




というわけで、弦を弾くといってもいろんなヴァリエーションがあります。
それもギターの楽しさでもあります。ぜひ、いろいろやってみて欲しいです。


さて、次回は左手の指1本じゃつまんないので、2本つかいましょう。
第2回の楽譜をちょっと変えて こんな感じの曲。



ちょっとロックっぽくなってきたかな?(^^)
お楽しみに。



・・・あ、そうそう右手のことばかり書きましたけれど、左手のことも・・
弦を押さえるときの指の角度なんですけれど、私は写真のようにネックに対して斜めに当てるのが好きです。
いわゆるロックギターの握り方で、親指が上にぴょこっと出る握り方です。

IMG_0277.jpg

それとは対照的なクラッシックギターの握り方ってのもあって、こちらは親指出さないで握りロックギターの握り方に比べて指があまり斜めにならない握り方です。

どっちが良いとか悪いとかではなくそれぞれに一長一短あって・・・
チョーキングで雰囲気をだすブルージーな曲はクラッシクな握り方では到底弾けないし、ネオクラシックみたいな激しい速弾きは親指ぴょこの握り方では弾きにくいし・・というように得手不得手あるのでどっちもできるようになるといいと思います。

で、第2回の譜面は指一本で押さえるのですが、人差し指を写真のようにネックに対して斜めにして押さえるといいかなと思います。
このほうが余計な力が入らないと思います。
写真見てもらうとわかるように、弦を押さえるっていってもビビらない程度に軽く押さえています。
ぎゅーーーっと抑える必要はございません。
あと、使っていない、中指~小指もまったく力入れてないです。
人差し指しか使わないからっていって、中指~小指を弦に触れないように浮かせなくちゃ~って思い込んじゃうと、浮かせようとして力が入りますが、その必要はないです。
力入れると指がスムーズにうごかなくなりますから。
第2回の譜面では、中指~小指が弦に触れていても全く問題なし。いやむしろ積極的に触れてミュートに使ってもいいくらいです。

私は独学でやってきたのでそのことに気づくまでにけっこう時間がかかった・・・(ToT)

こういう「余計な思い込み」みたいなのが邪魔をして上達を妨げてしまうこともけっこうあったりします。

ちゃんとした先生について学ぶのはそういう遠回りをしなくて済むので上達の近道になるのかなぁと思います。
実際私もついこのごろ1年半先生について学びましたけれど目からウロコがいっぱい落ちた~

お近くのギタースクールの門を叩いてみるのもいいかと思いますよ。

鮫肌狂子は現在 Kyoko. と名前を変えて活動しています。
詳しくは Kyoko. 公式ウェブサイト http://kyokogouitar.com で!

テーマ : エレキギター    ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。