1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

鮫肌狂子オフィシャルブログ


プロフィール

鮫肌狂子

Author:鮫肌狂子
BOØWYコピーの鮫肌狂子です。

BOØWY Session
鮫肌狂子 YouTube チャンネル

Twitter
facebook

新作動画
◆ 新作動画






検索フォーム
Google Adsense
Amazon
鮫肌は楽譜やCD DVD を買うときはいつも Amazon


鮫カウンター

鮫肌狂子は名前を Kyoko. と改名し、音楽活動を続けています。
ぜひ下記のサイトをチェックしてくださいね!


2016年6月26日(日) の BOØWY Session with 鮫肌狂子 Returns を最後に、鮫肌狂子という名前での活動を卒業します。
今後は Kyoko. という名前で活動を続けていきます。
応援よろしくお願いします。


Kyoko. 公式ウェブサイト: http://kyokoguitar.com/
Kyoko. のブログ Tangerine Cloud
Kyoko. facebook: https://www.facebook.com/kyoko.guitar/
Kyoko. Twitter: @Kyokoguitar
Kyoko. YouTube: https://www.youtube.com/c/Kyokoguitar


--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鮫肌狂子は現在 Kyoko. と名前を変えて活動しています。
詳しくは Kyoko. 公式ウェブサイト http://kyokogouitar.com で!

30

Category: 思い出

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

今でも胸が締め付けられるの
1987年12月24日。 BOΦWY は解散しました。

当時、 BOΦWYファンになりたてだった鮫肌は、

「えぇ~っ!? マジでぇ!!(涙)」

と、泣くに泣けない状況でした。

当時、高校1年生でした。解散の1年前の1986年。鮫肌は受験勉強の真っ只中。
TV もラジオもあまり見ないで、部屋にこもって勉強をしていました。

当時の日本の音楽シーンにはあまり興味を持てず、洋楽ばかり聴いていたせいもありますが、BOΦWY の存在を知らないまま高校生になりました。

めでたく志望校に合格した鮫肌は、母親からステレオコンポを買ってもらいました。

合格したら買ってやる。

そういう約束でした。まぁなんと太っ腹。

当時まだそれほど普及していなかった CD なるものが聴けるヤツでした。
でもアナログレコードも持っていたので、一番上にはアナログレコードのプレーヤーが乗ってるヤツでした。
でもやっぱり CD でしょ、CD。
これを期にCDを買うぞーっ!と意気込んでみたものの、受験勉強で完全に世間ズレしてしまった鮫肌、何を買えばいいか分かりませんでした。

とりあえず、雑誌、雑誌で調べよ!
って初めて本屋さんで PATi PATi なる音楽雑誌を買ってみた。

そこにあったのが、BOΦWYの特集でした。

ひむろ きょうすけ? ぬのぶくろ とらやす? なぁにこの人たち?

・・と、ぱらぱらとページをめくっているうちに・・・えぇ、恋しちゃいました。

氷室さんに。

わたしの氷室様への想いはそこから始まったんです。

ソッコー チャリンコを飛ばし、レコード屋さんで「これくださいっ!」と手にしたのが、Beat Emotion というアルバム。
もちろんCDで買いました。

きゃーっ、アルバムジャケットの氷室さんも素敵っ!

Beat Emotion

またソッコー チャリンコを飛ばし家に帰り、初めて見るCDに「Beautiful...」と感動しつつも、はやる気持ちを抑えつつ、CDをセット!
ポチッ!PLAY!

ドラムの軽快なリズムで始まる、B.BLUE。
氷室さんのハスキーでありそしてツヤもあり、もうとにかく言葉では言い表せない歌声が鮫肌のハートを鷲づかみにしたのですっ!

よくGLAYのTAKURO がB.BLUE 初めて聴いたとき腰を抜かすほど驚いたと言ってますが、まさにそんな感じ。
あちなみに、GLAY の TAKURO とは同い年で、しかも わたしのほうが18日だけお姉さんです。
なので、同じ時期にB.BLUE を聴いて衝撃をうけたのもうなずけますね。

それと、やっぱり布袋さんのギター。これがなかったらBOΦWYは成り立っていないでしょう。
もちろん、まことさんも常松さんも重要だけど、布袋さんのギターにかなう日本のギタリストって、そうそういないじゃないですか。

とにかくですね、高校1年 1987年の春にBOΦWYファンになって、たったの9ヶ月で解散されちゃったんです(涙)

こんなことなら受験勉強なんかせんで、バンドやってりゃよかったよ。
後から分かったんだけど、中学のころバンドやってた友達、みんなBOΦWYのコピーやってたんです。

高校2年のころ、鮫肌もギターを買って、BOΦWYの武道館GIGSのバンドスコアを買ったんですけど、中学のときに友達がもってるの見かけたなぁって、後になって思ったんです。

くっそーーー、なんでさそってくれなんだか、友達よ!


というわけで、ファンに成り立てだったのにBOΦWYは12月24日に解散しちゃうわけです。

その時の様子は、今では 1224 という DVDになって販売されています。
もちろん鮫肌もっております。

で、その中から、解散宣言するところを YouTube にアップしてくれている人がいましたので、ここで紹介します。
何度見ても、胸が締め付けられます。

長々と、単なる BOΦWY ファンのたわごとに付き合ってくださってありがとうございました。

Read Mode クリックしてね。 鮫肌狂子は現在 Kyoko. と名前を変えて活動しています。
詳しくは Kyoko. 公式ウェブサイト http://kyokogouitar.com で!

元ネタは、Boφwyの解散宣言。

え、今日はみんなにちょっと言わなきゃいけないことがひとつ・・・

6年間・・・
6年間、Boφwy を演ってきました。
誰がなんと言おうと、日本で一番カッコいいバンドだったと思います。

高橋まことと、それから松井常松と布袋寅泰と氷室京介が、4人が・・・

4人が思い切り4人でできる音楽を6年間やってきました。

これから、一人ひとりが、一人ひとりのために、今まで4人でしかできなかった音楽をやってきたように、一人ひとり、これからやっていこうと思います。

フォークのバンドじゃねーんだから、じめっとするのは似合わねーと思うから、最後にビシッと贈るぜ!

Dreamin' !!

関連記事

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。