1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

鮫肌狂子オフィシャルブログ


プロフィール

鮫肌狂子

Author:鮫肌狂子
BOØWYコピーの鮫肌狂子です。

BOØWY Session
鮫肌狂子 YouTube チャンネル

Twitter
facebook

新作動画
◆ 新作動画






検索フォーム
Google Adsense
Amazon
鮫肌は楽譜やCD DVD を買うときはいつも Amazon


鮫カウンター

鮫肌狂子は名前を Kyoko. と改名し、音楽活動を続けています。
ぜひ下記のサイトをチェックしてくださいね!


2016年6月26日(日) の BOØWY Session with 鮫肌狂子 Returns を最後に、鮫肌狂子という名前での活動を卒業します。
今後は Kyoko. という名前で活動を続けていきます。
応援よろしくお願いします。


Kyoko. 公式ウェブサイト: http://kyokoguitar.com/
Kyoko. のブログ Tangerine Cloud
Kyoko. facebook: https://www.facebook.com/kyoko.guitar/
Kyoko. Twitter: @Kyokoguitar
Kyoko. YouTube: https://www.youtube.com/c/Kyokoguitar


--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鮫肌狂子は現在 Kyoko. と名前を変えて活動しています。
詳しくは Kyoko. 公式ウェブサイト http://kyokogouitar.com で!

16

Category: 10 songs of my life

Tags: ---

 

人生における10曲 #2. Miss Me Blind / Culture Club
人生における10曲、2曲目でございます。

Miss Me Blind / Culture Club




1984年にリリース。ロンドンのバンド、カルチャークラブの曲です。

このアルバムに収録されています。
Colour By Numbers




カルチャークラブといえば、ヴォーカルのボーイ・ジョージのヴィジュアルがやっぱり際立っちゃいますが、当時中学1年生だった私はそんなことも知らずに「あぁ、いい曲ねぇ」と聴いていました。

なぜかというと、ラジオでふと耳にして それから聴くようになったので、彼らの映像なり写真なりを見たのはだいぶ後のこと・・・



そのころの鮫肌は日本の歌謡曲をよく聴いていたんですけれど、土曜の午後にやってた ダイアトーン ポップスベスト10 っていう FM 放送を知って、洋楽を聴くようになったんです。

毎週土曜が楽しみでした。
少ないお小遣いではレコードをぽんぽん買えるわけもなく、放送をテープに録音して何度も何度も聴いてました。


当時流行っていた洋楽の中で一番最初に印象に残ったのがこの曲でした。
もしこの曲に会わなかったら、洋楽聴かないままの人生だったかも・・・? とも思うんですが、いや・・そこまで言うと大げさかもしれないかなぁ(^^;
まぁでもそのくらいのインパクトを当時感じました。

当時から他人と同じことをするのがなんか嫌だった(というか天邪鬼)だったので、みんなの知らない洋楽を聴いてるのがちょっと誇らしく感じたりもしつつ・・・

ちゃんと音楽がわかっていたかどうか?っていうと、全然わかっていなかったんでしょうけれど、当時の一般的な邦楽にないオシャレさがとっても好きでした。


ただ、カルチャークラブについては、その後深くは聴くことはなく、ヒットチャートに乗った曲しか知らないんです・・・(^^;

カルチャークラブにかぎらず、'80年代の洋楽については、なんか急激に私の中で飽きちゃって聴かなくなるんです。
その後、鮫肌は'70 '60 '50 とだんだん古いロックを聴くようになっていくのです・・・

ますますみんなと違う方向へ・・・

そこまで行くと変人と言われましたが・・・(´Д`;)



んで、あんまり大した事書けなかったので、おまけで、1984年に流行ってた曲で鮫肌が好きだった曲をちょっと紹介。(リンク先は YouTube です)

The Reflex / Duran Duran

I like Chopin / Gazebo

State of Shock / Michael Jackson (with Mick Jagger )

When Doves Cry / Prince

All I need is everything / Aztec Camera

Welcome To The Pleasuredome / Frankie Goes To Hollywood

I want to break free / Queen

Do they know it's christmas / Band Aid

ん・・・まぁ、当時の流行曲ばかりですが、当時情報源はラジオのみという中学生の知り得る範囲っていうものはここらあたりが限界だったのでしょう・・(笑)


というわけで、鮫肌でした。

関連記事
鮫肌狂子は現在 Kyoko. と名前を変えて活動しています。
詳しくは Kyoko. 公式ウェブサイト http://kyokogouitar.com で!

テーマ : 音楽    ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。