1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

鮫肌狂子オフィシャルブログ


プロフィール

鮫肌狂子

Author:鮫肌狂子
BOØWYコピーの鮫肌狂子です。

BOØWY Session
鮫肌狂子 YouTube チャンネル

Twitter
facebook

新作動画
◆ 新作動画






検索フォーム
Google Adsense
Amazon
鮫肌は楽譜やCD DVD を買うときはいつも Amazon


鮫カウンター

鮫肌狂子は名前を Kyoko. と改名し、音楽活動を続けています。
ぜひ下記のサイトをチェックしてくださいね!


2016年6月26日(日) の BOØWY Session with 鮫肌狂子 Returns を最後に、鮫肌狂子という名前での活動を卒業します。
今後は Kyoko. という名前で活動を続けていきます。
応援よろしくお願いします。


Kyoko. 公式ウェブサイト: http://kyokoguitar.com/
Kyoko. のブログ Tangerine Cloud
Kyoko. facebook: https://www.facebook.com/kyoko.guitar/
Kyoko. Twitter: @Kyokoguitar
Kyoko. YouTube: https://www.youtube.com/c/Kyokoguitar


--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鮫肌狂子は現在 Kyoko. と名前を変えて活動しています。
詳しくは Kyoko. 公式ウェブサイト http://kyokogouitar.com で!

22

Category: 10 songs of my life

Tags: ---

 

人生における10曲 #7. Don't Hang Up / 10cc
再生300万回記念 鮫狂動画祭りが進行中ですが、こちらも継続中♪

人生における10曲、 7曲目です。

Don't Hang Up / 10cc



この曲も東京にいるころによく聴いた曲です。

How Dare You 邦題は「びっくり電話」という名前のアルバムの最後に収録されている曲です。



最初から、切なさ全開のイントロ・・・
10cc というと、なんとなく遊び心いっぱいのおちゃらけバンド的なイメージがなきにしもあらずですが、いえいえ、こういうしっとりとした曲も得意分野なのでございます。

この曲・・・というより、アルバムに収録されている全曲、ホントに愛おしい。
特に最後の Don't Hang Up は、東京の一人暮らしのころの、寂しさに耐えていた深夜を思い出します。

当時の私の仕事は、技術系の設計のお仕事だったので、顧客からの無理難題に対応するために毎日毎日深夜まで働いていました。
22歳、いや23歳だったかな・・・

一番輝いていた時期にこんなに深夜まで働いて。

ホントはお稽古事に通ったり、ジムで汗を流したり、ライブコンサートに行ったり、ギター弾いたりしたかったのだけれど、とてもとてもそんな暇もなく・・・

この頃の唯一の楽しみは 帰って「ぷよぷよ」というゲームをして遊ぶこと・・・

悲しすぎる(笑)

晩酌を覚えたのもこの頃だ(笑)


そんな、寂しいころに 10cc をもう一度聴いてみようと手にとって聴いてみた。
それは当時、布袋さんの本、Radio Pleasure Box に 10cc が載ってて、「ふ〜ん、そうなんだ〜」と思ったからなんですけれどね(^^;
ちなみに、布袋さんのラジオ放送は、やってるのを知らなかったという残念な状況でした。後になって知ってかなりショックを受けました(>_<)アンテナの張り巡らせ方が悪い鮫肌なのでした。

IMG_1023.jpg


高校生の頃に友達に勧められて10ccの存在自体は知っていたのだけれど、高校生の頃にはあんまり良さが分からなくて、聴いてなかったんです。

しかし、これは布袋さんの言うとおりでした。

心に響く・・・

最後まで聴き終えて、知らないうちに頬を伝う涙・・・

寂しさは消えることはなかったけれど、心が少し穏やかになれた。

今でも覚えています。
深夜でも明るすぎる都会の空は、星があまり見えなかった。
田舎育ちの私には少々さみしい空でした。




10cc 、「びっくり電話」以外も名作揃いです。
ここに紹介しますね。

10cc (1973年リリース) 遊び心満載のデビュー作。ビートルズのOh! Darling のパクリか!(笑)みたいな曲が可愛くて好き。


Sheet Music (1974年) ピリッとスパイスが聴いた2作目。これもなかなか聴くとクセになる。



The Original Soundtrack (1975年) 架空の映画のサウンドトラックというコンセプトで作られたアルバム。
このアルバムに収録されている I'm not in love は彼らの作品の中で最も有名ではないでしょうか。




Deceptive Bends (邦題:愛ゆえに) (1977年) メンバーのゴドレイとクレーム脱退後のアルバム。
彼ら二人の実験的な要素がなくなってしまった感は否めないですが、いやいや、それでも名作。
特に The Things We Do For Love は何度聴いてもさわやかな気分になります♪



とまぁこんな感じで、お薦めのアルバムでした。

さぁて、人生の10曲も残すところあと3曲。
お楽しみに(^^;


関連記事
鮫肌狂子は現在 Kyoko. と名前を変えて活動しています。
詳しくは Kyoko. 公式ウェブサイト http://kyokogouitar.com で!

テーマ : 洋楽    ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。