1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

鮫肌狂子オフィシャルブログ


プロフィール

鮫肌狂子

Author:鮫肌狂子
BOØWYコピーの鮫肌狂子です。

BOØWY Session
鮫肌狂子 YouTube チャンネル

Twitter
facebook

新作動画
◆ 新作動画






検索フォーム
Google Adsense
Amazon
鮫肌は楽譜やCD DVD を買うときはいつも Amazon


鮫カウンター

鮫肌狂子は名前を Kyoko. と改名し、音楽活動を続けています。
ぜひ下記のサイトをチェックしてくださいね!


2016年6月26日(日) の BOØWY Session with 鮫肌狂子 Returns を最後に、鮫肌狂子という名前での活動を卒業します。
今後は Kyoko. という名前で活動を続けていきます。
応援よろしくお願いします。


Kyoko. 公式ウェブサイト: http://kyokoguitar.com/
Kyoko. のブログ Tangerine Cloud
Kyoko. facebook: https://www.facebook.com/kyoko.guitar/
Kyoko. Twitter: @Kyokoguitar
Kyoko. YouTube: https://www.youtube.com/c/Kyokoguitar


--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鮫肌狂子は現在 Kyoko. と名前を変えて活動しています。
詳しくは Kyoko. 公式ウェブサイト http://kyokogouitar.com で!

24

Category: 日常

Tags: ---

 

エフェクターのお話
鮫肌です。今日はエフェクターのお話です。

IMG_0036.jpg

基本的に鮫肌、「どんな機材使ってるのか教えて下さい?」とか「僕はこんなの使っています♪」みたいな会話にははあんまり興味なかった人なのですが、やっぱりね、ギターの音を左右する大事なものですからねぇ。
常に、どんなエフェクターがあるのか?どんな風に接続したらいいのか?とか日々研究することも大事だなぁと思う今日このごろです。

うれしいことに、鮫肌がどんなのを使っているのか、気になる方たちも方たちもいらっしゃるようです。

ありがたいことですね。嬉しいです( ´∀`)

というわけで、あまり参考ににはならないかもしれないですが、鮫肌が使っている機材をどどーんと紹介したいと思います。

けっこう長々と書いちゃったので、お時間のあるときにでもゆっくり見てください。

鮫肌狂子は現在 Kyoko. と名前を変えて活動しています。
詳しくは Kyoko. 公式ウェブサイト http://kyokogouitar.com で!

まず、マルチエフェクター BOSS GT-5

DVC00212.jpg

これは前にもご説明したことあります。

もう随分前の機種です。今はBOSS GT-100 という後継機種があります。
あのお値段で、それこそ、もう、いろんなエフェクターが使えるのでお買い得ですよね!
ハッキリ言っていろんなコンパクトエフェクターを買い揃えるのが馬鹿らしくなるくらい。

なのですけれども・・・

GT-5 は、実際のでかいアンプで鳴らすとなんか音がシャリシャリする。
GT-100 ならばシャリシャリならないのかなぁ・・と思いつつも、持ち運びが大変そう(>_<)
ということで、コンパクトエフェクターで音作りをするようになりました。

最初のころの鮫肌エフェクターボード
IMG_0036.jpg

ちっちゃいです。持ち運び楽♪
しかし・・・

どうも RAT の歪が、昔風のありがちなもので、出したい音となんか違うと思うようになり、次のボードへ・・・

IMG_0474_.jpg

詳しい方はご存知だと思いますがエキゾチックのペダル三兄弟のうちの2つ、RC BoosterBB Preamp がどーんと乗りました。

BB Preamp は以前 布袋さんも使用していたようですね。RC Booster と共にギター・マガジンに載ってるプロのミュージシャンの方たちのエフェクターボードにもよく見られますよね。
それだけ扱いやすいということでしょう、うん。たぶん。

しかし・・・1年もしないうちにまたしてもこのボードに飽きた鮫肌。
RC Booster は基本かけっぱなし。BB Preamp の ON / OFF でソロでのディストーション、バッキングでのクランチの切り替えをしておりました。
けど、さやわかなクリーントーンを出すためには、ギターのヴォリュームを絞ってあげる必要がありました。

ギターのボリュームを絞って歪をコントロールするのは王道中の王道なのですが、実は鮫肌はこれがとても苦手でして・・・
ストラトならまだ行けるんですが、テレキャスでこれを・・と思うと指が届かなくて・・・

いえ、いつかこれは克服しなければいけないとは思ってその操作の練習はしておりますが、まぁそれはおいておいて(おくな?)クリーン / クランチ / ディストーション の三段階はさくっと変わって欲しい(>_<)

ということで、いろいろHARD-OFFへ売っぱらいまして、新たに最近買い換えました。

IMG_1540.jpg

これの目玉はなんといっても、Bogner Ecstasy BlueTC electronic Flashback X4 Delay & Looper

新しもの好きだから買っちゃった♪

では一つ一つ簡単な説明を
Xotic RC Booster ・・・前のボードにも乗ってました。歪ではなく、クリーンにブーストする、これを使うととにかくドキドキするようなキラキラした音になります。鮫肌はONしっぱなしで使っています。

Bogner Ecstasy Blue ・・・最近発売されたばかり。Bogner のアンプ、Ecstasy Blue をペダルで再現しているということらしいです。エフェクターというよりもアンプヘッドといってもいい?BASS MIDDLE TREBLE のノブ意外にも、色々つまみがついてて音作りも多彩に出来ます。なにより音に立体感を感じますね。エフェクターのON・OFFとブーストのON・OFFがあるので私の目的だったクリーン/クランチ/ディストーションがペダルで切り替えられるようになりました♪

T-REX TONEBUG Phaser ・・・これは特にこだわりはないです。フェイザーならなんでも良かったんですが、まともそうで安かったのを・・(^^; みんな MXR 使ってるので違うのを使いたくて(笑)

ROCKTRON HUSH THE PEDAL ・・・ノイズリダクションなのですが、これがすごい!ふつうノイズゲートって設定した音量以下になった時に音量ゼロにする仕組みですが、こいつは弾いている最中でもノイズだけを消してくれます。まさに魔法のよう♪

Roland FV-50L ・・・単なるボリュームペダルです(笑) 今までエフェクターケースを大きくしたくなくて使ってなかったんですけれど、やっぱりあると便利。チューナーアウトがついてるのが嬉しい。これでやっとチューナーを音の経路から分断できた♪次で紹介するディレイよりも前につけるのはボリューム絞った後も残響を残したいから。このボリュームペダル、後継型も出ているようですが、こっちのほうが小さいしなにしろ安かったということでこちらを選択。

TC electronic Flashback X4 Delay & Looper ・・・空間系は定評があるTC エレクトロニックのディレイ FLASHBACK が3個!って言ったらいいでしょうか。3種類のディレイ設定を保存できて、ペダルで切り替えられます。MIDI端子も付いているので、MIDI OUTがついてるスイッチャーでも切り替えできる。なにしろホントに音がいい。気持よく残響が残ります。TonePrint という、有名ギタリストの設定をダウンロードして保存できるというのも売りみたいですが、鮫肌はまだ使ったこと無いです(^^;

⑦ BOSS のチューナー ・・・これは特になにかいうこともない(笑)

⑧ MAXON GE-01 ・・・久留米の木下楽器さんでたまたま見つけて、中古で 3000円くらいだったので衝動買い。単なるグラフィックイコライザーなのですが、細かく音作りができて良いです。

One Control Distro ・・・最後に電源。ボードを小さくまとめたくて、とにかく小さいのが欲しくて木下楽器さんでお薦めの電源を聞いたらこれを教えてもらいました。可もなく不可もない感じです( ´∀`:)

接続順番は下の通り。
IMG_1546.jpg

欲を言えばまだまだ買い足して、もっと操作しやすくしたいのですが、いかんせんお金がない(>_<)
今はこれでガンガン練習して、もっとうまくなることのほうが先決でしょうね(^^;

今度のまことさんとライブではこのボードと JC-120 を使用する予定ですが、コーラスをかけっぱなしにして、BOΦWYっぽく?なると思います。

この前の練習の時に、「おっ!なかなかイケてる!」と自分でも思いました(自画自賛)
ライブのときにどんな音になるか、それもお楽しみに♪

さて紹介した Bogner Ecstasy Blue と、FLASHBACK x4 の紹介動画がありますので、最後に紹介します。








紹介した機材♪




関連記事

テーマ : エレキギター    ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。